フライトタイムとレグ数

こんばんは。

いつもありがとうございます。

最近は仕事が異常に忙しく更新できない日々が続きまして申し訳ありません。

このところ急激に忙しくなってきました。

私たちパイロットにとって忙しさの基準となるのは・・・月の「フライトタイム」なんです。

Photo by Pixabay on Pexels.com

ブログを読んでくださっている方の中には、月に何度も飛行機に乗られる方がいらっしゃると思いますが・・・一ヶ月に乗ったフライトの「出発時刻〜到着時刻の時間」を合計するとどれぐらいになるでしょうか?

私達航空機で働く人間以上に一ヶ月あたりのフライトタイムがある方は・・・いらっしゃったらすごいと思います。いらっしゃいますか??

このフライトタイムですが、国際線でも国内線でも一ヶ月あたり「70〜80時間」を超えると急激に疲労が蓄積してくる感覚を覚えます。

特に国際線だと、絶対的な睡眠時間が不足してくるためかなりの辛さになってきます。

私たちパイロットや客室乗務員にとって、この「一ヶ月あたりのフライトタイム」とともに「一日あたりのレグ数」もまた重要な項目です。

例えば国内線だと、一日4レグ=4便を担当するとかなり疲れます。5レグや6レグをこなす会社もありますが・・・かなりのハードワークと言えます。

会社としては、一人のパイロットや客室乗務員をできるだけ長時間働かせることで効率をあげたいところなんですが・・・なかなか辛いときもあります。

私個人的には国内線なら「月に50時間前後、かつ一日3レグ程度」なら嬉しいなぁなんて贅沢を思うところなんですが・・・それでは効率的ではないですし、機長をそんなに贅沢に使う会社はないとは言えませんが、かなりレアかもしれません。

皆さんの一ヶ月あたりのフライトタイムと一日のレグ数の記録、もしすごいものをお持ちならばまた教えて下さい!

疲れを感じる瞬間は・・・大きな気圧変化を何度も繰り返されるわけですから、私達と変わらないと思います💦

今日は「フライトタイムとレグ数」のお話でした。

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。