気温と高度の関係

おはようございます。

いつもありがとうございます。

先日お話しました「低気温限界」、理由はわかりましたか?

今日はその理由を説明しましょう。

まずはこの図を見てください。

飛行機の高度計は、「気圧高度計」だというお話をしましたね。

地上の気圧を高度計に補正すると、実際の高度=気圧高度が求められるというものです。

しかし「気柱」という言葉があります。

・温かい空気は膨張している

・冷たい空気は凝縮している

という原則があって、上図のAverageにいる飛行機が実際に10000feetで飛行しているとしても、仮に気温が50℃近いとすると表示上は10000feetでも実際にはもっと高い高度を飛んでいます。

逆に-20℃とかだと、実際は10000feetよりずっと低い高度を飛行していることになるんです。

イメージはつきましたか?

つまり、先日説明した「低気温限界」の話に適用すると・・・

どれだけ地上気圧に補正していても、「気柱」が縮んでいる低気温状態では実際の高度(外から見た高度)が気圧高度計が指す高度より低くなってしまうんです。

障害物との安全間隔が確保できなくなるので、「低気温限界」が設定されている、という理由がおわかりいただけたでしょうか?

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。