727なんかはどうしてたの?

おはようございます。

いつもありがとうございます。

今日は飛行機のナビゲーションシステムについてお話します。

ちょっとだけ月刊エアラインでの連載でも触れた話題になります。

皆さんのスマホ、たまに自分の位置をロストしたりしますよね?

またポータブルカーナビも同じで、自社位置がずれたりすることは(昔に比べると遥かに高性能ですが)タマにあると思います。

飛行機は一瞬たりともそんなことが許されません。

ということで飛行機は、単独でGPSだけに頼ったナビゲーションはしません。

むしろ、GPSは「補助」と捉えてもらったほうが良いです。

ボーイング747の時代から、INS(慣性航法装置)というものが開発されました。現在はIRS(慣性基準装置)と言われています。

この仕組みを説明するのは難しいのですが、昔の話から飛行機の「自機位置」の算出までを追っていきたいと思います。

747の前の世代、例えばDC-8だとか727だとかは、当然ながらINSはありませんでした。

ではどうやって自機位置を出していたんでしょうか?

機体には、「VG」「DG」というジャイロを使用した計器がありました。

姿勢指示器と方向指示器に採用されているんですが、これは「高速回転するコマは空間に対して一定の姿勢を保つ」という法則を利用したものです。

航空機は3次元に動きますよね。

動く飛行機の中で、自機の姿勢を正確に表示する必要があります。人の感覚はアテになりません。

そのため、「ジャイロ」が活躍したんです。

「地球ゴマ」というものをご存知でしょうか?

私も実際に触ったことがないのですが、これ面白いですね!地球ゴマ – Wikipediaja.wikipedia.org

不思議な現象ですが、これを応用して姿勢指示、方向指示を行っていたんです。

つまり、飛行機の姿勢や方位は分かるが、「現在どこにいるか」という表示は何もないわけです。

だから、この時代は自機の位置を知るためには「航法無線機器」(先日紹介しましたね、NDBとかです)によって地上から支援を受けないと分からなかったんです。

現在ではありえないぐらいの誤差の大きさでしょうし、航空機が少なかった時代だからこそできた航法ですね。

次回は現在のIRSの仕組みについてお話します。

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。