暗号を解読せよ?

おはようございます。

いつもありがとうございます。

さて、昨日の続きです。

自分のチューニングしている、掴んでいるVOR周波数が「AAA」であることを確認する手段のために「名前」が付けられていて、「3文字」だということをお話しました。しかしその名前の判別方法は??

「AAAさん!って名前を呼んだら向こうが答えてくれるのか?」

そうではありません。

今日は答えをお教えします。

VORが正確にチューニングされているか確認するためには、VORの「声」を聞かなくてはなりません。

「声を聞く?気持ち悪っ💦」って思いますが、まさにそうなんです。

VORは自分の名前を常に発信し続けています。

それも、「モールス信号」で。

このチャートを見て下さい。赤丸でわかりやすくしてみました。

これは知多半島付近の航空図ですが、中部VORDMEのところにー・ー・みたいなものが書かれてますよね?

これがモールス信号です。

この表で、CBEを表現してみると・・・

ー・ー・ 

ー・・・ 

まさに赤丸の表示と一致しませんか?

面白いですねー

このVORは、「私はCBEですよ」とモールス信号を送り続けています。飛行機にはその信号を受信する機能があって、あるスイッチを押すと「ー・ー・ ー・・・ ・」と聞こえてきます。

このモールス信号を聞いて、パイロットはこの周波数(CBEなら117.8)でCBEがチューニングされていることを確認でき、安全にCBEのコースにのっていけるわけです。

最近の飛行機は勝手にIDENTしてくれるのでモールス信号を聞くことはほぼありませんが、昔ながらの飛行機はいまだにこの「モールス信号」で確認しているのです。

ちなみに、VORが3文字なのは他と被らない名前をつけられること、このモールス信号判別のため、などが理由かと思われます。極力少ない文字数でないとIDENTが大変ですよね・・

NDBが2文字なので、VORは3文字にしている、ということもありますかね。

今日はちょっと面白い、「VORの声を聞く」というお話でした。

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。