LPVとは?

おはようございます。

いつもありがとうございます。

先日、こんな記事がありました。HAC、衛星使う新着陸方式「LPV」運用開始 国内初、悪天候時の就航率向上www.aviationwire.jp

LPVとは何でしょうか?

記事にもありますが、GPSの他に静止衛星(SBAS補強信号)を使用して、水平方向に加え垂直方向もガイダンスを行う新しい進入方式です。

今までもRNP進入と呼ばれる、GPSを主体にした進入方式が存在していました。

それとの大きな違いは「精度」です。

従来からある「ILS」相当の精度が実現されるということです。

羽田や関西、成田、中部など大きな空港は全ての滑走路にILSという計器着陸装置が装備されています。これ、パイロットにとってはとても有り難い設備なんですが、維持管理や設置基準がなかなか大変なんです。

Photo by Jerry Wang on Pexels.com

地方空港では地形、予算などの影響で片方の滑走路しかILSが装備されない事が多いですし、もっと厳しい空港では横方向のLOCALIZERだけしかない空港もあります。

今回LPVが新規導入されたことで、機体側の改修のみで「ILS相当」の精密な進入が可能となります。

現在対応している機材はこちらです。

・ATR42 

・DHC-8-Q400 

・Dornier 228 

・A350

今後対応予定の機材はこちらです。

・A320 

・B777-9X 

・B737max8

衛星の状況によるところが唯一のネックではありますが、今後全国的にLPVが広がってくると就航率も上がるのではないかと期待しています。

今日は簡単に新しいLPVについて紹介しましたが、明日からはもう少し詳しく進入方式の解説からはじめ、最終的にLPVとRNAV(RNP)の違いについて説明したいと思います。

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。