御巣鷹山事故から37年

おはようございます。

いつもありがとうございます。

この季節になると、忘れられない悲惨な事故の記憶が蘇ります。日航機墜落37年、当時知る社員2% 教訓どう引き継ぐ(産経新聞) – Yahoo!ニュース背もたれが裂け湾曲した座席、墜落時刻の午後6時56分を指したまま止まった腕時計-。東京・羽田空港近くにある日本航空の「安全啓発センター」には日航ジャンボ機墜落事故の機体の残骸や乗客の遺品が展示され、news.yahoo.co.jp

37年前の8月12日夕刻、JAL123便Boenig747-SR(JA8119)は羽田空港を飛び立ちました。

帰省客で満席の123便は離陸から12分後の上昇中、なんらかの原因で垂直尾翼が破損し、油圧系統を全て失いました。

パイロットの必死の操縦も機体を制御できず、垂直尾翼破損から32分後に群馬県の御巣鷹山に墜落しました。

想像を絶する事故の衝撃に加え墜落現場の特定に時間を要した結果救助が遅れ、総搭乗人数524人のうち生存者はわずか4名でした。

私も一度、当時を知る日本航空のパイロットの方の案内で御巣鷹山に慰霊登山をしたことがあります。

あの場所でボイスレコーダーを聞かせていただきました。

悲しみ、悔しさ、恐怖、様々な感情が一気に押し寄せてきました。

いかなる理由であれ、事故は絶対に防がなければならない。

私達は飛行機を飛ばす者として絶対に空の安全を守っていかなくてはならない。

そう誓う瞬間でした。

日本航空には「安全啓発センター」があります。

当時の記憶を風化させないため、広く一般の方々にも見ていただきたいと思います。

安全啓発センター|安全・品質|JAL企業サイトJALの安全啓発センターページです。安全・品質の取り組みに向けた安全憲章、スタッフへ訓練・教育、運航情報などの情報をご覧いただけます。www.jal.com

37年経った今、また安全への意識を強くする8月12日でした。

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。