帽子論争

Morgenrot – 現役パイロットによる航空のお話 – DMMオンラインサロン現役の国内航空会社旅客機で機長を務める代表と、副操縦士によるオンラインサロンです。 飛行機の不思議や豆知識、パイロットのマネージメント、危機管理、運航の現場の裏側など航空ファンにはたまらない内容をお届けします。lounge.dmm.com

おはようございます。

いつもありがとうございます。

昨日は皆さんのご意見、ありがとうございました。

沢山の方々が、「帽子はやっぱり必要」だと言っていただきました。

ありがとうございます!

Photo by Rafael Cosquiere on Pexels.com

実は以前居た会社でもこの論争が起こった時、格式を重視するパイロットたちは「絶対に必要だ」と声高らかに主張されていたことを思い出します。

私自身は別に無くても困らないので「荷物が減って良いなー」ぐらいにしか考えてなかったので、改めて帽子に対する熱い想いを聞いて色々と学ぶことがありました。

帽子不要派の意見では「屋内では帽子を脱げと習っただろう!」なんていう屁理屈もありましたが笑

やはりパイロットは、制服を着て「信頼感」をお客様に与えるべき存在なので、そういった意味からは「空港を制服、制帽で颯爽と歩く姿」がお客様に与える印象は大きなものなんでしょうね。

このブログを書いていて、皆様のご意見からも「改めて制帽ってあっても良いかもな」と思うに至ったHideでした。

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。