Emirates A380、穴が空いたまま14時間飛行

Morgenrot – 現役パイロットによる航空のお話 – DMMオンラインサロン現役の国内航空会社旅客機で機長を務める代表と、副操縦士によるオンラインサロンです。 飛行機の不思議や豆知識、パイロットのマネージメント、危機管理、運航の現場の裏側など航空ファンにはたまらない内容をお届けします。lounge.dmm.com

おはようございます。

コメントありがとうございます!

こんなニュースがありましたね。旅客機の側面に大穴、そのまま14時間飛行 到着後に乗客唖然(CNN.co.jp) – Yahoo!ニュース(CNN) アラブ首長国連邦(UAE)ドバイを出発したエミレーツ航空の旅客機が、機体の側面に大穴が空いたまま14時間近く飛行を続ける出来事があった。目的地のオーストラリア・ブリスベンに到着して同機をnews.yahoo.co.jp

何ともビックリするニュースですが、無事着陸して何よりでした。

皆さんはこの記事を読んでどう思われたでしょうか?

私がこの会社の機長ならば、同じように飛行を継続したと思います。

しかし、パイロットによって意見が分かれていることも事実です。

それはなぜか?

飛行機のタイヤは、前便で強いブレーキをかけた後の便間が短かくてクーリングが充分でなかったり、長い時間地上移動(TAXI)したりすると熱を持ちます。

ブレーキから伝わってくる熱のみならず、タイヤ自体が撓むことによっても発熱します。

この飛行機だとブレーキ温度タイヤの空気圧の表示機能が装備されています。

専門記事を読むと、「離陸フェーズにタイヤがバーストした」といっています。

離陸後ギアを上げてからバーストしたのかはよくわかりませんが、何にせよタイヤ空気圧の異常表示によって最終的な原因は判断できたのだと思います。

それよりもまず異常音を聞いてパイロットが最初にすることは、他の計器に異常がないか、与圧はされているか、油圧は問題ないかなど差し当たっての飛行継続に問題がないことを確認します。原因究明はその後です。

後々タイヤの破裂と判断できたのでしょうが、会社と相談後他に異常がなく飛行継続可能だと決定したならば、目的地に飛行するのが正解です。

着陸時にはバーストタイヤ対応の地上支援を要請しているようですので、適切な判断をされたと思っています。

しかし、着陸後にパイロットが外を見てびっくりしたことでしょう。

まさか機体にこんな大きな穴が空いているとは・・・

(The Aviation Heraldより)

航空機は穴が空いてもそれ以上広がらないように設計されていますし、恐らくギアベイの外側なので与圧関係にも問題なかったのでしょうが、それにしてもこの外観には驚くはずです。

今回は何もなくて本当に良かったですが、今後の原因究明が待たれます。

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。