エレベータートリムの役割

Morgenrot – 現役パイロットによる航空のお話 – DMMオンラインサロン現役の国内航空会社旅客機で機長を務める代表と、副操縦士によるオンラインサロンです。 飛行機の不思議や豆知識、パイロットのマネージメント、危機管理、運航の現場の裏側など航空ファンにはたまらない内容をお届けします。lounge.dmm.com

みなさんおはようございます。

いつもありがとうございます。

昨日の、なぜ「バーティカル・スタビライザー」を操作する必要があるのか、という疑問にお答えします。

まず大前提は、トリムといって、操縦桿にかかる力を軽減するためなんです。

例えば、飛行機の姿勢を保ちたい場合(上昇姿勢や降下姿勢など)、ずっと操縦桿を引っ張っていたら疲れますよね??結構重いので💦

その力を軽減するために、このトリムスイッチを使って「バーティカル・スタビライザー」を動かし、操縦桿にかかる力を抜くという役割があります。

言ってしまえば「操縦桿を希望の位置で固定するための支え棒」的な存在です。イメージはついたでしょうか?

ちなみにエアバス機はオートトリムとなっていますがその話はまた機会があれば・・

このトリム、特に大事なフェーズがあります。

それは離陸時です。

離陸前には必ず実施しなくてはならない手順をご紹介します。

先日お話したように、飛行機の重心は便によって変わります。旅客が完全に搭乗し終わった後、最終的な重心位置が計算されます。その重心に合わせて、この「バーティカル・スタビライザー」を操作して「離陸用のセッティング」にします。

なぜこんなことをするかというと、どんな重心位置でもいつもと同じように操作して離陸できるようにしているんです。

もしこのセッティングをしていないと、離陸時に軽すぎてお尻を擦ってしまったり、あるいは操縦桿が重すぎて離陸できない、なんていうことになってしまいます💦

とても大切な手順なんです。

この「バーティカル・スタビライザー」が作動する様子を見ることはほとんどないと思いますが、水平尾翼の前半分はこんなに重要な役割を持っているということを分かっていただけたかと思います。

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。