シミュレーターの動画!(RTO)

Morgenrot – 現役パイロットによる航空のお話 – DMMオンラインサロン現役の国内航空会社旅客機で機長を務める代表と、副操縦士によるオンラインサロンです。 飛行機の不思議や豆知識、パイロットのマネージメント、危機管理、運航の現場の裏側など航空ファンにはたまらない内容をお届けします。lounge.dmm.com

おはようございます。

いつもありがとうございます。

昨日お話していた、Morgenrotが実施したシミュレーター会社での操縦体験動画の一部を公開しました。(以下のリンクで御覧ください)

Eng Fail RTOA320 SD 480p操縦体験での離陸中止操作からの一連の流れです。解説付きです。#フライトシミュレーター#操縦体験#パイロット#現役機長#a320#RTOwww.youtube.com

こちら、4分ほどですが是非ご覧になってください。

今回は離陸中止(RTO)操作です。

離陸中止をすると、大体こんな感じでコックピットでの操作、手順が進んでいきます。

客室ではCAさんからのアナウンスが流れます。

乗客の皆さんは「何事か?」と不安になられていると思いますが、コックピットではこのように「これ以上事態が悪化しないための手順」を実施中ですので、少しの時間待機していただきたいと思います。

以前、勝手に非常口の扉をあけて脱出を試みた事件もありましたが非常に危険です。

パイロットの「緊急脱出」の指示があるまでは必ず待っていただきたいと思っています。

この他にも離陸〜旋回、着陸やタッチアンドゴーなども実施した動画がありますのでまた後日編集して公開いたします。

ちなみに昨日のJALのフライトシミュレーター、36万円は高いというご感想が多かったですね。

しかしながら、実はあのフライトシミュレーター、1時間動かすのに電気代だけでも何万円もかかっているのです。

下に油圧で動くアクチュエーターがシミュレーターを支えていて、「モーションをONにする」というのですが、飛行機の動きを忠実に再現しています。

航空会社に貸し出す時間単価を知っているので、それから考えると「まあそれぐらいになるよなぁ」と思っていたんですが、確かにフルサイズミラーレスが買えたり余裕で海外旅行に行ける値段ですよね💦

本格的なモーションはありませんが、シミュレーター会社の機械もかなりリアルに再現されています。こちらはかなりリーズナブルで体験するにもハードルが低そうです。

是非一度パイロット気分も味わってみてくださいね。

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。