ナローボディーのCREW RESTは

おはようございます。

いつもありがとうございます。

A321XLRによる長距離国際線が実現しつつある今、パイロットや客室乗務員としての心配はクルーレストです。

最近はFRMという「疲労管理」の考え方が日本でも導入されてきました。

疲労管理については以下の過去記事を御覧ください。

『パイロットの勤務』おはようございます。いつもご覧いただきありがとうございます。 今日は、「パイロットの勤務と疲労管理」について少しお話したいと思っています。 実は最近、パイロッ…ameblo.jp

『パイロットの勤務②新基準』おはようございます。いつもご覧いただきありがとうございます。 さて、昨日からお話している「パイロットの勤務と疲労管理」ですが、従来の勤務体系はなかなか厳しいも…ameblo.jp

さて、クルールストについてはこれも少し前にお話しています。

『クルーレストって?』おはようございます。 いつもありがとうございます! またまたニュースの話題から。 先日面白いニュースが有りました。 https://sky-budget.co…ameblo.jp

ワイドボディー機では、天井裏や床下、キャビンの一角にクルーレストユニットを設置します。

しかし、A321XLRのようなナローボディー機では、いずれもより貴重な空間です。

天井裏にはレストを設置できる余裕はなく、床下はカーゴや燃料タンク、キャビンは少しでも客室に割きたいでしょう。

そのためクルーレストを設置するためには、客室を流用するしかないというのが現在の考えのようです。

ワイドボディー機でもこのようなクルーレストはありますが、やはりベッド型で完全に独立した空間がありがたいと思ってしまいます。

これだと有償旅客数が減少してしまうこともありますし、何よりCABIN CREWは・・・大変すぎますよね。

A321XLRのようなナローボディー機での長距離国際線運航が実現する際には、客室も若干余裕を持った配置をお願いしたいと共に、乗務員にも優しい装備があれば「新しい時代の快適な国際線」が実現できそうですね。

長距離国際線には必須となってきているCREW RESTですが、新しいプロダクトが開発されることを願っています。

Hide

Morgenrot – 現役パイロットによる航空のお話 – DMM オンラインサロン現役の国内航空会社旅客機で機長を務める代表と、副操縦士によるオンラインサロンです。 飛行機の不思議や豆知識、パイロットのマネージメント、危機管理、運航の現場の裏側など航空ファンにはたまらない内容をお届けします。lounge.dmm.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。