A321XLRが変える国際線

おはようございます。

いつもありがとうございます。

こんな記事が出ました。

A321XLR、2024年就航へ ハンブルクでロールアウトwww.aviationwire.jp

A321は日本国内でもANAやPEACHが導入しているのでおなじみの機種ですね。

これが8000kmを超える長距離国際線に進出可能な後続距離を得たのですね。

記事では羽田〜シドニーは余裕で就航可能だそうです。

(QANTASのA321XLR、エアバスHPより)

ジャンボが登場する1970年代までは、いわゆるナローボディー(客室の通路が1本)の旅客機が国際線を飛行していました。

しかし1970年代以降ジャンボジェット(ボーイング747)が登場してから現在まで、長距離国際線=ワイドボディー(通路が2本)が常識となっています。

そこに登場するこのA321XLR、機内環境的には1960年代に遡るような印象ですね。

ナローボディーで10時間は厳しいよ・・・」という声が聞かれますが、キャビンの開発はどうなっているのでしょうか?

私の経験ではボーイング737で関西からグアム経由でケアンズに行ったことがあります。まだコンチネンタル・ミクロネシア航空があった時代です。

もちろんエコノミーでしたが、以下の点がワイドボディー機と比べると少々困った点です。

・サービスカートが出ている時のトイレ(むしろCAさんが大変)

・立ち上がってストレッチ出来る空間が少ない

・3−3配列なので、窓側からトイレに行くには2名に立ってもらわないといけない

3つ目は最近のワイドボディー機でも3−3−3や3−4−3が標準なので同じですね。

しかしながら、座席自体の大きさや幅はワイドボディー機と同じだし(むしろ最近のB787やB777の詰め込み仕様よりは広い)、会社によっては個人モニターも装備されているし、総じて大きく変わらない印象です。

最近導入されたSQ(シンガポール航空)の737はもはやワイドボディーと同等以上の装備ですね!

Singapore Airlines’ New 737 Flat Bed Business Classwww.nanyangweekly.com

快適装備も標準となり、1960年代とは大きく違ったナローボディーの長距離国際線、一度体験してみたいものですね。

明日はこのナローボディー機のビジネスクラスについて見ていきたいと思います。

Hide

Morgenrot – 現役パイロットによる航空のお話 – DMM オンラインサロン現役の国内航空会社旅客機で機長を務める代表と、副操縦士によるオンラインサロンです。 飛行機の不思議や豆知識、パイロットのマネージメント、危機管理、運航の現場の裏側など航空ファンにはたまらない内容をお届けします。lounge.dmm.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。