航空業界復調の兆しが!

おはようございます!

いつもありがとうございます!

昨日は残念ながら誰ともお会いできませんでしたが、近いうちにまたさくらの山で読者の方とお会いできるチャンスがあれば嬉しいと思っています。

さてこのGWですが、幸いなことに直前になって航空機の予約率が上がってコロナ前に迫る水準まで搭乗率が回復したという報道がありました。

私達パイロットが最もこの「回復の傾向」を感じるものの一つに、「パイロットの経験者募集を各社再開しつつある」ことがあります。

(客室乗務員も大手をはじめ新卒採用が再開されましたね)

コロナ前までは、あらゆる会社が「パイロット不足」に陥っており、まさに売り手市場でした。

日本のみならず外国の会社も積極的に経験者採用を行っていました。

まさに「希望の職場」を探して色んなオプションを考えることが出来る時代でした。

ところが新型コロナウィルスの影響で、世界中の航空会社が採用を凍結。

破綻した航空会社のパイロットの中には、パイロットとしての採用自体がないので全く違う職種で働いている、なんていうこともあります。

また海外で働く日本人パイロットの多くが職を失い日本に戻ってきています。

どの国でも、何かあれば外国人は最初にパイロットの職を失う対象となっています。

しかし、ここ数ヶ月で状況は好転してきました。

日本国内ではLCCや大手以外の航空会社が相次いで経験者採用を再開しています。

ちなみに大手航空会社は、基本的に経験者採用をしていません。その理由は・・・とても日本らしい理由なんですが、その話はまた今度に。

今まで他の職種で働いていたパイロットが、再びパイロットとして空を飛ぶことができる機会がやっと訪れつつあります。

外国に視点を移しても、2021年は採用がほぼゼロでしたが現在は中国を始め徐々に経験者採用が復活してきています。

明らかに、パンデミック後の航空需要復活に向けた人員増強に動き始めています。

夜明けが近い、そんな感じでしょうか。

まずはこのコロナパンデミックで職を失ったパイロット全員が希望の会社に所属することができ、再びフライトができるようになってほしいと願っています。

そして、また以前のように誰もが自由に航空旅行を楽しめる時が一日でも早く来ることを願っています。

今日は、パイロットの経験者採用が国内、海外でも徐々に復活してきていることから、航空業界もやっと上向きに動き始めているという状況を皆さんにお伝えしました。

Hide

Morgenrot – 現役パイロットによる航空のお話 – DMM オンラインサロン現役の国内航空会社旅客機で機長を務める代表と、副操縦士によるオンラインサロンです。 飛行機の不思議や豆知識、パイロットのマネージメント、危機管理、運航の現場の裏側など航空ファンにはたまらない内容をお届けします。lounge.dmm.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。