富士山の影響は東京まで

おはようございます。

いつもありがとうございます。

富士山の山岳波とその恐ろしさについて、昨日はお話しました。

突然ですが、こんな写真よくみませんか?

(AIM-Jより)

特に冬場に見られます。

テレビでは「富士山とその隣の雲がとってもきれいです!!」なんてレポートされていますが、私達パイロットには「恐ろしいもの」としか見えません。

まさに、これらの雲こそ富士山の風下に「山岳波」が存在する「証拠」だからです。

こんな時は富士山の付近のみならず、もちろん減衰していますが他の場所でもタービュランスが発生します。特に風下の地域においてはなかなか強いものです。

冬場、羽田や成田のアプローチで特定の場所において、15000feet以下はかなり気流が悪いことが多いです。

これも遠く離れた「富士山の山岳波」が影響しているんです。

日本の象徴として冬場も夏場もそれぞれの表情を見せる「富士山」ですが、航空機の運航には多大な影響を与えているんだなぁ、と思ってもらえたら嬉しいです。

Hide

Morgenrot – 現役パイロットによる航空のお話 – DMM オンラインサロン現役の国内航空会社旅客機で機長を務める代表と、副操縦士によるオンラインサロンです。 飛行機の不思議や豆知識、パイロットのマネージメント、危機管理、運航の現場の裏側など航空ファンにはたまらない内容をお届けします。lounge.dmm.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。