富士山と山岳波の恐ろしさ

おはようございます。

いつもありがとうございます。

昨日最後に、富士山付近は16000feet以上でないと飛行できないと言いました。

それはなぜでしょうか?

ご存知の方も多いでしょうが、昔にはこんな事故がありました。(下記リンクをクリックしてみてください)

BOAC機 富士山に墜落カナダ太平洋航空機墜落事故の翌日の3月5日、BOAC(イギリス海外航空)のボーイング707型ジェット・・・www2.nhk.or.jp

昔の映像ですが、こんな報道がされていたのですね。

まだ「富士山の恐ろしさ」が解明されていない時の事故でした。

この事故の原因は・・・・「山岳波」といわれるものです。

山岳波とは・・強風が山を越えた時に、その風下側に発生 する波のことをいいます。

(東京航空地方気象台資料より)

日本では富士山は特に顕著で、冬場山頂付近が50Kt程度の西風が吹いている場合は要注意です。

特に風下、まさにこのBOAC機が事故を起こした場所は激しい乱気流が存在します。

私自身も、訓練中にこの「山岳波」に遭遇したことがあります。

雲も何もないのですが、突然驚くほど激しい揺れに襲われました。

山頂に近くはなかったのですが、連峰の上を飛行中でした。

小型プロペラ機なのですが、MAX POWERにしても上昇できず、どんどん高度を失なっていきました。

「これは死んだ」と本当に思いました。

幸運にもすぐに離脱できましたが、あの恐ろしさは一生忘れることはないと思います。

さて、話がずれましたが・・

このBOAC機の事故以降、この山岳派の影響を考慮して「富士山上空は16000feet以上でないと飛行できない」ことになっています。

明日は、この山岳波と富士山についてもう少し見ていきます。

Hide

Morgenrot – 現役パイロットによる航空のお話 – DMM オンラインサロン現役の国内航空会社旅客機で機長を務める代表と、副操縦士によるオンラインサロンです。 飛行機の不思議や豆知識、パイロットのマネージメント、危機管理、運航の現場の裏側など航空ファンにはたまらない内容をお届けします。lounge.dmm.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。