低視程離陸の動画を公開!

おはようございます。

いつもありがとうございます。

昨日はLVP/LVPDのお話をしました。

つまり、本来離陸には視程400M必要なところ、特殊な条件下では200Mで可能になるという手順でした。

でははじめに、視程400Mの離陸はどんな感じなのか?

以下のリンクから御覧ください。

動画には離陸速度についての説明も入れています。

実際に飛行機が離陸する場合はこんな感じでコールアウトが行なわれているんだなぁと感じていただければ、と思います。

ちなみに、離陸滑走中は「ラダー」と言われるパイロットの両足元にあるペダルで方向調整をしています。

足のペダルを動かすことでこの部分が動きます。

低視程では直進するのも難しいですし、更に離陸後すぐに地平線が見えなくなるので引き起こしも気を使います。

ということで、今日は視程400Mの離陸を見ていただきました。

明日は更新が少し遅くなりますがご了承ください。

Hide

Morgenrot – 現役パイロットによる航空のお話 – DMM オンラインサロン現役の国内航空会社旅客機で機長を務める代表と、副操縦士によるオンラインサロンです。 飛行機の不思議や豆知識、パイロットのマネージメント、危機管理、運航の現場の裏側など航空ファンにはたまらない内容をお届けします。lounge.dmm.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。