コックピットからの景色①霧の着陸

おはようございます。

いつも読んでいただきありがとうございます。

昨日は、長崎空港を例として離着陸の気象条件をお話しました。

復習すると・・・

着陸、離陸するのに最低限必要な視程は・・・

着陸:550m

離陸:400m

となっていました。

つまり「離陸はできても着陸ができない場合がある」ということになります。

では、今日は我がモルゲンロートの頭脳、Moriの実演によるPCのシミュレーターを使ってその天候を模擬した画像をお見せします。

着陸の場合、「この高度で地上の目視物標が見えないとゴーアラウンドしなくてはならない」という場所があります。

今回の場合、地上200feet=60Mの場所です。

ここまでは何も見えなくても問題ないのですが、まさにこの地上60Mの地点において「滑走路もしくはそれを構成するものの一部」が見える必要があります。

その地上60Mで、最低の視程=550Mならばコックピットから見るとどんな景色か

それがこちらです。

ほとんど何も見えてませんが、うっすら滑走路につながる進入灯が見えていると思います。

これが、着陸するための最低気象条件である視程550Mの見え方なんです。この状況ならば着陸可能、これ以下ならば着陸できないのでゴーアラウンド(着陸やり直し)になります。

逆に言うと、この「地上〜60Mでギリギリ滑走路の一部が見えるためには視程550Mが必要だから、最低条件が550Mである」と言えます。

みなさんがパイロットだったとして考えてみてください。

時速250KM以上、この一瞬「見えた」「見えない」を判断して「着陸するか、進入中止するか」を決めなければなりません。

なかなか大変ですよね?

私達パイロットは、「大体今日の天気ならこのあたりでこれが見える計算だな」と常に考えながら着陸を行っています。

事前の計算も欠かせません。昔懐かしい「三角関数」なんていうのも使います。

覚えていますか?サイン、コサイン、タンジェント・・・

「これいつ使うんだろう?」と思ったこの数学の知識もフル活用しています。

少し話がズレましたが、視程550Mでの着陸。少しは実感していただけたでしょうか?

Hide

Morgenrot – 現役パイロットによる航空のお話 – DMM オンラインサロン現役の国内航空会社旅客機で機長を務める代表と、副操縦士によるオンラインサロンです。 飛行機の不思議や豆知識、パイロットのマネージメント、危機管理、運航の現場の裏側など航空ファンにはたまらない内容をお届けします。lounge.dmm.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。