霧の離・着陸:どちらが低視程でもOK?

おはようございます。

昨日のクイズに回答頂きありがとうございました。

・離陸と着陸、どちらがより低視程まで許容されているか?

・どれぐらい見えていたら大丈夫なのか?

ですが、こちらを見ていただきましょう。

例として「長崎空港」を挙げます。

この空港で一番天気が悪くても降りられる着陸方式は、ILS32というアプローチです。

この着陸に必要な視程は・・・

(AIP〜抜粋)

この緑で印をつけた部分、つまり550mの視程がないと着陸できないことになっています。

そして、離陸はどうか?

これも以下の表を見てもらいましょう。

ちょっと見づらいですが、黄色のマーカーのところを見てください。

視程は400m必要、となっています。

ということで、必要な視程は

着陸:550m

離陸:400m

となっているので、「離陸はできても着陸ができない場合がある」ということになります。

昨日も言いましたが離陸直前は一秒に70Mも走るので、視程が400mならば5〜6秒先しか見えていない、ということです。

これが羽田や成田、関西、中部などの高カテゴリー対応の空港になると話は少し違いますが・・・

とりあえず一般的な空港としてはこうなっています。

モルゲンロートのメンバーの一人が、実際の視程でコックピットからどれぐらいの景色が見えるかをSimulatorで再現してくれました。

明日はその画像を皆さんにお見せしたいと思っています。

お楽しみに。

Hide

Morgenrot – 現役パイロットによる航空のお話 – DMM オンラインサロン現役の国内航空会社旅客機で機長を務める代表と、副操縦士によるオンラインサロンです。 飛行機の不思議や豆知識、パイロットのマネージメント、危機管理、運航の現場の裏側など航空ファンにはたまらない内容をお届けします。lounge.dmm.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。