那覇空港の離陸後は忙しかった

おはようございます。

いつも読んでいただきありがとうございます!

昨日の記事は皆さんにたくさんコメントを頂きました。ありがとうございました!

ご経験談や驚きなど、とても参考になるお話を頂き感謝しております!

レベルオフという言葉が分かりにくい、とご指摘いただきました。すみません💦

レベルオフ、とは上昇をやめて高度を維持すること、の意味です。

那覇では嘉手納への進入機の関係で、2000フィートで上昇をストップするというお話でした。

離陸後に突然低高度で上昇をやめてしまうのですから、驚かれるのは当然ですね!

さて、この2000フィートのレベルオフですが、少し前までは1000フィートでした。

副操縦士が飛行機を操縦することももちろんあるわけですが、まず那覇を離陸する上での第一関門がこの1000フィートでのレベルオフでした。

離陸で15度ぐらいまで操縦桿を引っ張ってプラスのGをかけて、ギアを上げたらすぐに1000フィートが迫って来るので操縦桿を押してマイナスGをかけ、1000フィートを超えないようにするんです。

なかなかないこの操縦経験をして技術を磨きたい、という副操縦士が多かった印象です。

この「1000フィートレベルオフ」、離陸してから時間にして10秒ないんじゃないか、と思うほど一瞬の操作です

マニュアル操縦なので何とかマイナスGを感じさせないように操作したいところですが、何せエンジンパワーが強すぎてどうしても内臓が浮くような「フワッと」させてしまうような場合もありました。

現在は2000フィートに上がっていますが、それでもお客様に違和感はあると思います。

何より離陸推力で大きなエンジン音が、突然静かになるんですから不安を覚えますね💦

私たちパイロットも、極力不快感や不安をお客様に与えないように努力しています。

このブログを読んでいただき、少しでも飛行機に対する不安を払拭できれば本望です。

Hide

オンラインで月2回Hideとお話する時間

https://lounge.dmm.com/detail/4255/index/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。