羽田に進入してみましょう!

おはようございます。

昨日はILSについてお話しました。

今日は詳しくアプローチチャートをみてみます。

例えばHND ILSZ34Rのチャートを見てみましょう。

(AIP)

これは実際にパイロットが使用するチャートです。

(大体の会社がJeppsenを使っていますが)

羽田空港の34LにILSアプローチをする際には、CAMELという場所では必ず4000feetで通過しなくてはなりません。

その手前で横方向のガイダンスであるLocalizerに乗っている必要があります。

そして、CACAOという場所がGlide Slopeに乗るポイントです。

CACAOから3°のパスでGilde Slopeに従って降下していきながら、Gear や FLAPを着陸状態まで持っていく、という感じです。

また、羽田の34RはCAT3まで対応しているので、一番下の欄にはCAT1〜3までの最低気象条件(Minima)が記載されています。

全て説明することは大変なので割愛しますが、このようなチャートをもとにILSアプローチを行っている、ということをご紹介しました。

[広告]

Morgenrotのオンラインサロン開設!

担当者Hideと飛行機のお話をしましょう。

https://lounge.dmm.com/detail/4255/index/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。