PAPIって?

おはようございます。

いつもありがとうございます!

PAPIってご存知でしょうか??

着陸時に前方カメラが映る機種だと、滑走路横(大体左側、たまに右側)に配置されているライトのことです。

これ、パイロットにとっては無くてはならないモノなんです。

自分がいる位置(進入パスに対して高いか低いか)で見え方が変わるんです。

進入角度が3度で適正ならば白2つ、赤2つ(ON PATH)と判断できます。

(AIM-J)

海外ではもう少し違うものがあったりします。

さて、昨日お話した羽田の南風運用の場合、RNAV16L/Rの場合は進入角度が急になっている、とお話しました。

それにも対応できるように、羽田空港の16には2セットのPAPIが設置されています。

(AIP)

両方が点灯することはないのですが、なかなか珍しい例ですね!

皆さんが前方画面で見られる際は是非注目してみてください!

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。