マーシャラーの代わりに登場した機械とは

おはようございます。

いつも読んでいただき、またコメントをいただきありがとうございます。

皆さんの思い出や知識、知りたいことなどを教えていただけるのでとても嬉しいです!

今後ともお時間許すときに是非よろしくお願いいたします!

さて、昨日はマーシャラーについてのお話をしました。

なぜそんなお話をしたのかというと、最近(といっても15年以上は運用されていますが)マーシャラーに代わる新しい機械が導入されています。

コレです!

(NECネッツエスアイHPより)

この機械、VDGSといいます。

Visual Docking Guidance Systemの略で、パイロットはこのディスプレイを見ながら駐機まで行います。

(AIP)

こんな感じで自分の機種が表示されて、ブロックインまでの距離を表示します。

また、速度が速かったり左右にずれるとこんな表示になります。

日本でも羽田、成田、中部などに設置されていて、他空港も改修のタイミングで導入されてきています。

機種によって表示に違いがあって、「この空港はちょっとセンシティブだなあ」とか、残距離表示がデジタルで表示されずにバーだけなんていうところもあります。

もちろん、不具合があったりするとマーシャラーが対応してくれるので、やはり人間のバックアップは必要なものの、私は今まで不具合を経験したことがないぐらい優秀な機械です。

しかし難点があって、西日で見えにくいとかマーシャラーのように「まあ、この場所医でも大丈夫だ」というアナログな考え方ができないので、利用する際は気をつけています。

先日からお話している羽田空港もコレが導入されています。スポットによっては見えるかもしれませんね!

Hide

“マーシャラーの代わりに登場した機械とは”. への2件のフィードバック

  1. 夢の中でなりきって飛行機を止めた動作で目が覚めたことがあるぐらい、飛行機旅好きには旅の象徴であるマーシャラーさん。機械化されてしまうのは時代の流れと言いつつ寂しくも感じます。
    機械の表示内容に合わせて、人型画像でも動いてくれると乗客の心にはマーシャラーさんの思い出が残る、など勝手に無駄な妄想をしてしまいましたが。
    それだけではなく、人だとアナログの良さで誘導してくれる良さもあるのですね。興味深い記事ありがとうございます。

    いいね

    1. おはようございます。コメントありがとうございます。
      マーシャラーにはそんな思い出がお有りなんですね!私達パイロットしか見ていないのかと思いましたが、お客様もそこまでご覧になっているとは驚きです。
      どんどん機械化されていきますが、人間の良さを見直される時代がくればいいですね!

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。