マーシャラーの重要性

Photo by Luis Quintero on Pexels.com

おはようございます。

いつも興味を持って頂きありがとうございます。

羽田空港の話題ですが、この空港でも導入されているシステムをお話する前に・・・

今日はマーシャラーの話題です。

マーシャラーとは、旅客機がゲートにブロックインする際に「オーライ、オーライ」という感じで飛行機のセンターラインからのズレや停止位置をパイロットに教えてくれるスタッフのことです。

機外カメラが装備されている機体では、このマーシャラーの動きも客室から見えるときがありますよね。


JGS – 株式会社 JALグランドサービス株式会社JALグランドサービスと札幌、大阪、福岡のグループ会社のウェブサイトです。空港での航空機の誘導、搭降載、機体や客室の点検・清掃など、空の安全を守るグランドハンドリングの業務をご紹介します。www.jgsgroup.co.jp

(JGS HPより)

私達がブロックインするときも、この方々がいてくれてこそ正確な位置に駐機ができるのです。

飛行機は車のように窓を開けて、「もうちょっと右かな?」ともできませんし、そもそも駐車のやり直しすらできません💦

特に気をつけるのは機体停止時で、場合によっては「止まれ」の指示が少し唐突の場合があります。

停止指示ですが、両手を左右に伸ばした状態から徐々に上に上げていき、両腕(パドル)がクロスしたときが停止です。

よく見ると、停止線の近くにスタッフがいて、その方の動きをそのままコピーしてマーシャラーが私達に教えてくれているので、空港で飛行機を待っている際に見てみてください。

飛行機の速度をもとに予測しながらマーシャラーは停止まで一連のサインを送るのですが、色々な事情があると思いますがこの動きがすごく早いときもあるんです。

停止位置を大幅に過ぎるとPBB(ボーディングブリッジ)が接続できなくなることもあるので気を使います。

しかし、お客様が乗っているので「カックン」となるブレーキは避けたい・・

そう思いながらパイロットはブレーキ操作をしているので、万が一最後に「カックン」となってもそれは安全上致し方ないと思ってください。

「機体が停止し、シートベルト着用サインが消えるまでお席をお立ちにならないようにお願いいたします」というアナウンスがありますが、安全のためには本当に重要です。

明日は、羽田空港をはじめこのマーシャラーに代わり導入されてきている「VDGS」というシステムについてお話したいと思います。

Hide

“マーシャラーの重要性”. への2件のフィードバック

  1. こんにちは⤴
    最近は少なくなりましたが、羽田🔜福岡🔜羽田は、毎月利用していました😄
    整備の方が、手を振って見送りしていると、こちらも年を忘れて、手を振ってしまいます⤴😆

    いいね: 1人

    1. Morgenrot(モルゲンロート) のアバター
      Morgenrot(モルゲンロート)

      コメントありがとうございます。
      整備の方のお話を聞くと、とても感動します。
      整備やグランドスタッフも、飛行機から手を振ってくれるととても嬉しいそうですよ。
      今後ともよろしくお願いいたします!

      いいね: 2人

taiyou2020 にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。