後方乱気流④翼端渦の発生する場所ー離着陸時ー

おはようございます。

昨日は翼端渦のクイズの解答をお話しました。

それを踏まえて、今日のお話は「翼端渦の発生する場所ー離着陸時ー」です。

まず、離陸、着陸の際はこんな感じです。

(図はすべてAIM-J)

離陸した「瞬間」に翼端渦の発生が始まり

着陸した「瞬間」に翼端渦の発生が終了する

となっています。

もちろん、初回にお話した「ジェットブラスト」の影響はエンジンが動いている間はずっと存在します。(⇓ジェットブラストの記事)

https://wordpress.com/post/morgenrot2022.jp/339

まとめると、離陸時は先行機の離陸したポイント、着陸時は先行機のタッチダウンポイントを注目すべき、ということです。

昨日お話したように、無風または微弱風のときは特に「翼端渦」の影響が残りやすい、と言いました。

分かりやすい図がこちらです。

着陸時に飛行機が発生させた「翼端渦」が、滑走路に流されてくるような状況です。

これでは後続機が「突然接地間際に風が乱れる」原因となり、とても危険です。

これらの状況を顧慮して、「管制間隔」が設定されています。

明日はこの「管制間隔」についてみていきます。

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。