旅客機トイレの洗浄方式

おはようございます。

毎日読んでいただきありがとうございます!

さて、昨日はトイレの手洗いの水は「機外放出」だとお話しました。

皆さん驚かれたのではないでしょうか?

さて、今日はトイレの話の続きです。

朝からこんな話題ですみません💦

昔は、トイレを流すときに緑色の液体が流れてきましたよね。

先日ERJに乗ったときもこの方式でした。

簡易水洗型」といいます。

最近はめっきり減りましたよね。

この方式では、汚水タンクがそれぞれのトイレの真下にあって、汚水タンク内の水をフィルターを通した後循環させて洗浄していました。

洗浄水が緑色(あるいは青)なのは消臭剤を混ぜているからですが、なかなかトイレ特有の臭いがしてしまうモノでした。

また汚水タンクの影響で、コンフィギュレーションの融通も難しいという難点もありました。

古い電車でもまだこの方式でしょうか。

それに対して、新しいトイレは「バキューム式」といいます。

最初に説明した「簡易水洗型」と異なり、少量の洗浄水のあと「空気の力」で吸い込むタイプです。

中川礼二が真似している「新幹線のトイレ」も同じ方式かもしれません。

この「バキューム式トイレ」一体どんな構造なんでしょうか?

特にクイズではありませんが、「そういえばどんな仕組みなんだろう?」って考えて頂ければと思います。

ヒントは「気圧差」ですが、じゃあ地上はどうしてるの?となりますよね。

明日簡単にご説明します。

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。