パイロットの乗務時間

Photo by Kelly L on Pexels.com

おはようございます。いつもご覧いただきありがとうございます。

さて、昨日からお話している「パイロットの勤務と疲労管理」ですが、従来の勤務体系はなかなか厳しいものでしたね。

ちょっと復習しましょう。

・連続 24 時間内の最大乗務時間 2 名乗務 :国内線 8 時間、国際線 12 時間

 ※ 3 名以上の乗務 :12 時間超 

・累積での最大乗務時間 1 暦月:100 時間、3 暦月:270 時間、1 暦年:1,000 時間 

・休養時間:連続 7 日間で 1 日(外国においては連続する 24 時間)

これでしたね。

例えば、このまま適用するなら、長距離国際線の羽田〜シアトルなんかも余裕で二人で乗務できることになっていますね。

(FLY TEAMから)

これ、実際日本時間の夜中にフライトするわけなんですが、これで眠くなるなという方が厳しいですよね。合計3名で乗務し、コクピットは常に2名確保しながら一人ずつ交代してレストに入る、という方法でないと辛いと思います。

しかし、従来の法律ではこの路線も2人乗務ができたんです。

(あくまで法律上なので、内規で3名乗務にすることももちろん可能です)

ちなみに話はズレますが、羽田が再国際化して以降、羽田空港を深夜に出発する国際線が増えましたよね。

お客様にとっては仕事終わりに空港へ行って週末は海外、月曜の早朝に羽田に到着してそのまま仕事、という素敵なダイヤです。

しかしその影響はパイロットにもCAさんにも悪い方に働きました

例え近距離国際線で時差が少なくても日本の深夜に飛び立って目的地の朝に到着する、そんな勤務が続くことで体調不良になる乗務員が多く出ました。

どれだけ生活のリズム、睡眠のリズムが人間にとっては大切かが身にしみて分かります。

さて、ここからは新しい法律です。

新しい勤務のあり方で国が示したのは、「疲労管理」=「睡眠管理」ということです。

また、その他離着陸回数や交代要員、休憩施設なども考慮して新たに出した法律が以下のようになります。

まずは乗務時間(飛行時間のようなもの)

これだと、最初に例に挙げた羽田〜シアトルも2人乗務は厳しいですね。

ちなみに

3 人編成:15 時間(13 時間以上の運航を行う場合はクラス 1 の仮眠設備 が必要。また操縦士一人当たりの連続乗務時間が 8 時間を超 えない休息パターンの設定が必要。) 

4 人編成:17 時間(航空機内に適切な仮眠設備が必要)

と、編成が増えるごとに上限時間は延長されていきます。

なかなかリーズナブルになりましたね。

依然として厳しいことは厳しいですが・・・

会社が乗務員を酷使する体制なのか、大事に思って管理するのか、あとは会社の方針やセンスの問題ですね。。。

続いて累積乗務時間 については

・連続 28 日間:100 時間 

・連続 365 日間:1000 時間

とほぼ変わらずです。

最後に、勤務時間について見ていきますが、長くなりましたので明日に!

Hide

“パイロットの乗務時間”. への2件のフィードバック

  1. はじめまして、パッチングワーカーと申します。
    乗客としても深夜便は体力的にダメです。
    例えビジネスクラスに乗ってもホテルで一晩休むレベルと同じ回復はできません。
    到着してからホテルで休める工程を選ぶ様にしています。
    年齢もありますが体内時計に逆らった勤務体系がどれ程過酷かは察しが付きます。
    本当に頭が下がります。
    深夜便のパイロット、深夜バスの運転手さん、深夜勤務の管制官、夜行列車の運転手さん(最近は減りましたね)のストレスは如何程のものか?
    私の場合機内でフルフラットで睡眠をとってもあまり回復しませんが、パイロットの皆様は如何ですか?
    突然のコメントで突然の質問、大変失礼ですがお時間がおありの時に教えていただけると幸いです。
    ご安全に❗️

    いいね

    1. Morgenrot(モルゲンロート) のアバター
      Morgenrot(モルゲンロート)

      パッチングワーカー様
      コメントいただきありがとうございます。
      Morgenrotと申します。
      いつも読んでいただきありがとうございます。

      さて、ご質問の件ですがパイロットも同様です。
      どちらかというと個人のタイプによるところが大きいようにも思いますが、私は体内時計がずれると体調が悪くなるので、睡眠をとにかく確保したいと思っています。
      どれだけフルフラットでも休み切れないことが多いですね。安静に過ごせる場所の睡眠が一番です!

      またいつでもコメントお待ちしております!

      いいね: 1人

パッチングワーカー にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。