離陸後フラップはいつ上げるのか?

おはようございます。

いつもご覧いただきありがとうございます!

今日は、「離陸後フラップはいつ収納しているのか?」という疑問に答えます。

離陸時にフラップが必要な理由は昨日説明しました。

『離陸フラップが浅い理由』おはようございます。たくさんのコメントありがとうございました!いろんな考えをしていただいて、私もなるほどー!と思った解答もありました。 では、「なぜ離陸時は着…ameblo.jp

では、いつまで必要なのか??

一般的に、最近の旅客機では対地3000Feet(914m)からフラップを上げる(収納する)段階に入ることが多いです。

対地3000Feetから機首を下げて加速フェーズに入り、「このスピード以上だとフラップを上げて良い」という速度がコックピットのPFDという計器に表示されます。

そして段階的にフラップを上げていき、FLAP UPまで完了する、という感じです。

ちなみに、フラップには限界速度があります。

先日、「深いフラップほど低速で飛行ができる」といいましたが、それだけに逆の「高速域」では構造上耐えられなくなっていきます。

離陸後に加速をしながらフラップを上げていく段階でも、各フラップごとに「上限速度」が決まっているので、「下限速度以上、上限速度未満」の速度でフラップを1段階ずつ上げなければなりません。

フラップが上がり切る=フラップを完全格納した状態ならば、上限速度も巡航時の速度まで使えるようになります。

FLAP UPすると、10000Feet以下は250KTまで、という制限がありますので(日本の場合、しかも進入管制区が設定されている場合ですが説明省略)、250Kt未満で飛行します。時速にすると463Km/hとなります。

このフラップを上げていくフェーズ、加減速によるマイナスGとプラスGがかかるので、私個人としては極力その体感Gを減らしたいなーと思っています。

お客様の中でも特に飛行機が苦手な方は、このG変化が嫌な方が多いのです。

この時はすでにオートパイロットを使用している場合が多いのですが、どれだけオートパイロットを駆使してターンや加速速度を調整するか、考えながらフライトしています。このフェーズは実は手動操縦のほうがスムーズにできるような気がします。

ということで今日は、離陸後のフラップ格納についてお話しました。

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。