JAL、関空発着の初日の出フライト

JAL、関空発着の初日の出フライト 2年ぶり開催(Aviation Wire) – Yahoo!ニュース 日本航空(JAL/JL、9201)グループは10月6日、2022(令和4)年1月1日に関西空港を発着する初日の出フライトを実施すると発表した。今年の元日は中止したため、2年ぶりの開催となる。  news.yahoo.co.jp

初日の出フライトの記事です。

私も初日の出フライトを実施したことがあります。

副操縦士の時代ですが、2度フライトしました

やはり初の日の出といえば富士山とのコラボが有名ですが、日の出の前にあるポイントまで行ってHOLDINGを行います。

このHOLDINGのポイントですが、かなりの数の飛行機が初日の出フライトを行うので、各社話し合って予め場所取りを行います。

いい場所は羽田発着のB787などに奪われてしまいます。。。

私たちは中津川市上空でしたが、2年とも富士山越しの初日の出を拝むことができました。

新年3時頃出社して、夜が明ける前に離陸するのも不思議な感じでしたが、コックピットから初日の出を見られるというのもまた貴重な経験であったと思います。

事前準備では、管制や運航管理者と当日のフライトコースを相談し、もし雲があった場合はその飛行機が飛べる最高の高度まで上げることまで考えています。

また、高度が上がると日の出の時間が早くなるのでその時間に合わせて出発時刻に余裕を持たせています。

また当日は、どちらのお客様にも富士山と日の出を見てもらいたいので、あるポイントをHOLDしながら日の出を待つことになります。

初日の出が見られた後、管制官や会社に無線で「Happy New Year」と言ったりしてとても和やかな初日の出フライトでした。

このJ-airの初日の出フライトも良いものになることを祈っています!

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。