DHC8-Q400に酸素マスクが装備されない理由

DHC8-Q400パイロットと話をして、次のような答えがでました。

耐空性審査要領」というものがあります。

航空機は「耐空証明」を受けてなければならず、そのための検査を「耐空検査」といいます。

耐空検査には、その基準が存在します。

航空機及び装備品の安全を確保するための技術上の基準」=「耐空性審査要領」となります。

ちょっとややこしくてすみません。

簡単に言うと、自動車の車検がありますよね。

自動車の保安基準があって、それに従って自動車メーカーは車を製造します。

車に乗り続けるためには2年に一回の車検を受け続ければならず、その際に「車検に通るか」の基準の一つが保安基準です。

例えばウインカーレンズが割れていたり、発煙筒を装備していなかったりすると車検には通りません。

それと同じで、飛行機の「車検」にあたるものが「耐空検査」と思っていただくとわかりやすいかと思います。

「耐空性審査要領」に従って製造された飛行機が、引き続きその基準を満たしているのかを確認するために「耐空検査」を行う、という感じです。

説明が長くなりましたが、その「耐空性審査要領」の中に、巡航高度FL250(便宜的に25000feetとします)を超える航空機と超えない航空機で、酸素マスクの要件が変わってくる記載があります。

国の規程なのでとても分かりにくく書かれています。

要約すると、

「全ての旅客に酸素マスクを装備する必要があるのは巡航高度25000feetを超える旅客機です」

なんです。

現在日本で運航しているDHC8-Q400の最大巡航高度は25000feetです。

なので、現在日本で運航しているDHC8-Q400には客室頭上に酸素マスクがないのです。

ちなみに海外では27000feetまで巡航できるDHC8-Q400もあるそうで、その旅客機には客室頭上に酸素マスクが装備されているそうです。

(なお、全てのDHC8-Q400のコックピットにはまた「耐空性審査要領」により酸素マスクが装備されています。)

続いて湧いてくる疑問が、「法律上はそうだけど、実際に低酸素症にならないの?」という不安です。

低酸素症については、明日ご説明します。

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。