APUの役割

おはようございます!

昨日はAPUについての質問に答えていただきありがとうございました!

今日はAPUの役割についてお話します。

APUについて理解してもらった後、何回かに分けてAPUが作動しない場合の対応、上空でのAPUの使用などを説明します。

まず、基本的にAPUは地上で使います

最近は燃料節減のため地上でのAPUオペレーションを最小限とする方向ですが、今回は通常のオペレーションを説明します。

飛行機が着陸すると、ブロックイン前にAPUをスタートします。

その理由は2つ。

エンジンをシャットダウンした後に、キャビンのエアコンと電源を確保するためです。

ゲートではAPUを使用しつつ次便の準備完了後、搭乗案内をします。

そして便が出発し、エンジンスタートをしますがこの時こそAPUが地上で最大の仕事をするところです。

ジェットエンジンは、APUのブリード(圧縮空気)を使ってスタートします。

そのため、エンジンをスタートする時はエアコンが切れます。そのエアコンに充てていた空気をエンジンスタートに使うためです。

一旦エンジンスタートすれば、エアコンと電源はエンジンから供給されるためAPUをオフにします。

ということで、基本的なAPUオペレーションについてご理解いただけたかと思います。

明日はAPUが使えない場合の地上の対応について説明します。

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。