A320でした

昨日お見せしたこの写真、お答えいただきありがとうございました!

image

これはA320CEOてす。

NEOもCEOもエンジンが違うのみでコックピットはほとんど同じです。

ちなみにこの飛行機はCFMエンジン、IAEエンジンはエンジン計器の表示が違いますし、出力をコントロールする主となる計器自体が違います

A320は昔はCRT(ブラウン管)であったディスプレイも、LCD(液晶)に変わっています。

また真ん中にあるスタンバイ計器もデジタル化され、ISISと呼ばれています。

エアバスで特徴的なのはFCUという中央上部のオートパイロットに指示を出すコントロールユニットです。ボーイングは全部スイッチで変更するのに対し、エアバスはノブを押したり引いたりしてモードを変更します。そのためボーイングよりスッキリしていて誤操作も少なくなり、よく考えられた飛行機であることがわかります。

エアバスは、機種間のコックピット配置を共通化しています。

特に同じ時代のA320、A330、A340はほとんど同じです。

少し不鮮明ですがこれはA330のコックピットです(シミュレーター)

センターペデスタルにMCDU(フライトコンピューター)がある以外はほとんど同じです。

あとはオーバーヘッドのハイドロ系統が違ったりするので、そこで判断するしかないですね。

ちなみに、車と同じで飛行機も色々と装備がオプション化されていて、他社のコックピットを見ると違いが分かって面白いです。

「この会社はこんなところにお金かけるんだー」なんていう方針も見えます。

例えば国内の航空会社が数多く導入しているB737も、航空会社ごとに違いがみられます。

次回はこの会社ごとのオプションの違いをご説明します。

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。