離着陸できない気象条件

おはようございます、引き続き冬季運航についてお話します。

今日は離(着)陸ができない冬季運航の条件についてお話します。

例えば以下のような状況です。

1:滑走路の滑りやすさ

先日お話したRWYCCですが、その値が(Less Than Poor)のときは離着陸出来ないことになっています。

2:滑走路に降り積もった雪の種類

あまりに多い積雪で離着陸出来ない場合があります。除雪しても追いつかないほどの積雪深となった場合がそれです。

その他、比較的気温が高い時期の水っぽい雪や水膜なども問題です。

それぞれ積雪の種類によって、その深さが一定の基準(航空会社によって異なります)を超えた場合、離着陸出来ません。

3:横風

滑走路が滑りやすくなると、横風の制限も厳しくなります。

滑走路が積雪していて、横風成分が強い場合は離着陸できません。

この横風制限も、機種や航空会社によって異なります。

4:降雪の種類

これも会社によって基準はマチマチですが、概ねどの会社も適用されているものをご紹介します。

あまりにも強い雪は離陸できないことになっています。

また例えば「雹(ヒョウ)」や「アラレ」などの氷が降っている場合、離陸はできません。同様に、「凍雨」についても離陸できないことが多いです。

あまり詳しくはお話できないのですが、皆さんの運航予測の一助となればと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。