逆噴射(リバース)は使わなくても良い?

まず、実は!のことをお教えしましょう!

リバースを使っても使わなくても、着陸時の滑走路上の停止距離は原則的に「変わりません!」

これは驚きだと思います。

なぜかというと、「オートブレーキ」を作動させているからです。

「オートブレーキ」は着陸すると自動でホイールブレーキをかけるというものですが、そのセッティングは何通りかあります。

この「オートブレーキ」は、「機体の減速率」がセッティングされています。

つまり、リバースが引かれるとその分ホイールブレーキが弱く作動し、リバースがなくてもホイールブレーキだけで所望の減速率に調整します。

新千歳の01のように滑走路の向こう側にターミナルがある場合は、この「オートブレーキ」を弱めのセッティングにします。

つまり、「リバースを引くのは停止距離以外に他の理由がある」ということです。

なかなか難しいですよね、ではなぜリバースを引くのか?

話がややこしくなるので、今日は滑走路がドライの場合に限定してお話します。

まず、原則的に着陸したらリバースは引きます。

それは、リバースを引いていないと加速してしまうからです。

リバースの種類も、アイドルリバースから何段階かあり、最終的にはMAXリバースまであります。エアバスA320は無段階リバースでした。

着陸して「今日はリバースの音が静かだなー」と思っているときは「アイドルリバースす」です。

当然、リバースを引くと燃料も消費します。

じゃあ「常にアイドルリバースでいいじゃないか」と思いますよね?

そこで問題になるのが、ホイールブレーキに負担をかけることです。

アイドルリバースではホイールブレーキが頑張って設定された減速率になるように踏力を増します。

「ブレーキ温度」が上がってしまうのです。

国内線は便のインターバルが短いですよね??この間にブレーキ温度が上昇してしまうと、再出発のときに問題になったりします。

パイロットは、ブレーキ温度にも気をつけてリバースを使用しているのです。

今日は「燃費VSブレーキ温度」の構図が明らかになりましたね。

じゃあどういう時に強いリバースをよく使うのか?

この話題はなかなか長くなるので、続きはまた明日説明します。

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。