空気でエンジンや翼を凍結から守る

おはようございます、昨日はPitot系統の防氷について書きました。

今日はその他の防氷について。

まずは操縦席の窓についてはWindow Heatといって、これも常に加熱しています。

もちろん着氷防止の理由もありますが、もうひとつ、バードストライクなどによる破損防止の役割も兼ねています。

操縦席の窓は何枚かに分割されていますが、側面窓のHeatingについては会社によってオプションのことがあります。

そして、一番大きいのは

「Engine Cowl Anti-ice」

および

「Wing Anti-ice」

です。

前出のAnti-iceが電気を使うのに対して、この2種類はEngineのブリード(ホットエア)を使用します。

「Engine Cowl Anti-ice」は、防氷および除氷で使用します。

エンジンの空気取入口付近だけ金属のシルバーが露出していますよね?あの部分がHeatingされます。

飛行中でも最も頻繁にOn-Offを繰り返すものです。

B777やB787はこれがオートで作動するようですが、B737もA320も手動です。

基本的にPM(操縦していない方のパイロット)が外を見て、外気温をみてオペレーションをします。

エンジンの空気取入口に氷が付着すると、その氷の塊がエンジンに取り込まれてしまいます。そうすると・・・最悪エンジン破損につながる可能性があります。

そして「Wing Anti-ice」です。

これは翼の前縁をHeatingするものですが、主に除氷に使用します。

つまり、付着した氷を取り除くのに有効ということです。

シビアな着氷状態の中をフライトしていると、徐々に主翼前縁に氷が付着してきます。コックピットでも、ワイパーの根本が凍ってきたりIce-Detectorが装備されていればそれが凍ってきたりします。それが合図のようなもので、「Wing Anti-ice」を作動させます。

ちなみにProp機や小型機では、前縁がゴムのようなブーツとなっています。主翼前縁が黒い飛行機がありますね、あれです。物理的に氷を吹き飛ばす仕組みです。

いずれのAnti-iceもエンジンのブリード(エンジンからのホットエア)を使用します。

故に、燃費の悪化もあります。

適切な使用が求められるところでもあります。

コックピットで操作するAnti-iceについては、以上になります。

まとめると、

・Pitot系統

・コックピット窓

・Engine 

・Wing

それだけ?と思われるかもしれませんが、

「着氷するとオペレーションに重大な影響を及ぼす」

場所のみにWeatingが施されている、とご理解ください。

これから冬場に飛行機に乗られる場合、「今日はWing Anti-ice使用するかな?」と思いながら主翼前縁を見ていただくと、少し白くなってきたと思ったら一気に下のシルバーに戻る瞬間があるはずです。その一瞬は私も見たことがありませんが、もし気づかれたらすごい観察力です!

さて、明日からは過去の事例を見ながらこのAnti-iceの重要性を考えていきたいと思います。

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。