着氷についてのクイズ

おはようございます、昨日はいいNOWTAMが出なかったので、数日以内には解説したいと思っています。

今日から何度かにわけて、飛行機のAnti-iceシステムについて説明します。

さて、飛行機は雲の中を飛行します。

また、雪や雨でも問題なく運航できます。

そこで問題になってくるのが、「着氷」です。

実は、真夏でもこの「着氷」があるのです。

氷が機体に付着することで、抵抗が増加したり揚力を発生できなくなったりします。

着氷問題は、飛行機にとって最も警戒すべきことの一つです。

着氷条件としては、

・外気温が10℃以下であること。(飛行中はTATですが簡略化のため)

・Visible Moisutureが存在すること。(雨や雲中など)

です。

また、「尖ったところに着氷しやすい」傾向があります。

「尖った場所」で「着氷されては困る場所」には必ず何らかの対策がなされています。

さて、どの場所に装備されているでしょうか??

ちょっと考えてみてください!

正解はまた明日!

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。