滑走路状態とブレーキングアクション

おはようございます、昨日からの続きで「冬季運航について」です。

エアバンドを聞いておられる方は、「RWY 01R,Braking Action Poor」などの交信に覚えがあるかもしれません。

滑走路の滑りやすさについて、

Good 

Medium to Good

Medium

Medium to Poor

Poor

Very Poor

という6種類で通報されていました。

着陸する滑走路に対し、上記の6指標で管制から通報され、パイロットも着陸後に通報する場合もありました。

この滑走路の滑りやすさを表す「Braking Action」ですが、今年の冬から変更になりました。

RWYCC(Runway Condition Code)という名称となりまして、

管制が通報するCodeが以下のように変更となります。

パイロットが着陸後に通報するBraking Actionは従来どおりですが、少し変わっています。

RWYCC  Braking Action

6       ー

5      Good

4    Good to Medium

3      Medium

2    Medium to Poor

1      Poor

0    Less than Poor

RYWCCは滑走路の状態と外気温に基づき評価されるもので、摩擦係数は考慮されないことになっています。

現在SNOWTAMが発行されている空港がないのですが、この低気圧で今日中には発出されるかと思いますので、明日は例を用いてご説明します。

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。