前縁フラップは2種類ある!

おはようございます、いつもご覧いただきありがとうございます!

さて、ここまでフラップの役割について見てきました。

「後縁フラップ」の役割については分かっていただけましたか?

では今日は「前縁フラップ」についてみていきましょう。

主翼の前縁についているこの高揚力装置、飛行機によって実は形が違うんです。

例えばこのタイプです。

そしてこのタイプ

違いが分かりますか??

①はエアバスが積極的に採用しているような気がしますが、「スラット」といいます。

よく見て頂ければ、「隙間」ができていることが確認できるかと思います。

最近のボーイング機も全てこの形のようですね。

この「隙間」を気流が通ることで、以前にもお話した「気流の剥離」を防止させています。

空気の剥離についてはこちら⇓『Vortex Generatorといいます』おはようございます、いつも読んでいただきありがとうございます! さて、昨日の問題であった、翼の上の突起についてお答えいただきありがとうございました!   この…ameblo.jp

この「スラット」は、離着陸時の「失速特性を改善」するデバイスといえます。

もちろん、後縁フラップと同時に展張することで翼面積の拡大や、翼の形自体を変える働きも担っています。

飛行機に乗っていて、外を見た時に「あれ?隙間がある!異常だ!」と思う必要はありません!

②は、「クルーガーフラップ」、とか「可変キャンバーフラップ」という名前です。

B747は少し特殊なんですが、基本は「クルーガーフラップ」が装備されています。

「クルーガーフラップ」には隙間がないところがスラットとは違うのですが、働きはほぼ同じです。主翼付け根部分に装備されていることが多いです。

(理由もあるのですが説明が長くなって難しすぎるため省略です)

この2つを装備した飛行機もあります。

ということで、前縁フラップ(スラットとフラップを含めた総称とします)の役割は理解していただけましたか?

高迎え角での失速特性の改善、という重要な役割もあることを知って頂ければ、と思います。

この前縁、後縁両方のフラップを使って、旅客機は低速でも安定して離着陸することができるんです。

今後はこの運用についてもお話しようと思います。

Hide

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。